英検1級

英検1級合格者カシス氏の英作ゲー勉強法が有益なので紹介します

英検1級に合格するタイプは二種類です。

ナナナイル
一発で合格する方と複数回の挑戦の末に合格をする方

僕はもう後者型にしかなれませんが、合格された方のとある勉強法がとても有益だと思ったので紹介します。

英作ゲー

今回紹介させていただく方は英検1級合格者のカシス氏です。

そのお方は以前から存じておりましたが改めてツイートを参考にさせていただきましたところ、二次試験含めた学習法がとても論理的で素晴らしいと思いました。

ナナナイル
こちらです

主張としては英作文の素点が高いと非常に合格がしやすいという主張です。

自分も以前から次のような考えでした。

  1. 英検1級は二次試験もある
  2. 二次試験はライティングと非常に近い能力があるのでライティングの点数が高いと必然的に受かりやすくなる
メメメイナ
カシスさんは次の参考書が神がかっていると紹介されています

英語で経済・政治・社会を討論する技術と表現

ナナナイル
略して『英経討』というそうです

カシスさんのすごいところは本書を何回も何回も合格するまで繰り返されたことです。

自分も不合格者ながら英検1級は量をこなすべきだと思っているので、カシスさんの意見に賛成です。

英経討

そして僕はこの下にあるような主張部分を何回も繰り返し自動化したいと思います!

このような文章が永遠に続く!

同著者の植田一三先生の『面接大特訓』の短文演習(第二章)が大量にある感じです。

僕は思ったのです。

ナナナイル
QAを暗唱できてもトピックが少しでもずれたら言えないし書けない。でも短文なら中文や長文よりも小回りが効くので予想外のトピックでも流用しやすいのではないか?

そう思った瞬間にカシス氏のツイートをもう一度拝見し、この方がすすめる本ならば間違いない!と思った次第です。

では、英作文以外はどのような勉強が良いか?を最後に考えます。

英作文以外は全問題集が最強!

カシスさんはじめ合格者の方は口を揃えて過去問やれ!とおっしゃっています。

メメメイナ
英検1級の過去問は全問題集しかない状態ですよね
ナナナイル
ならば買うしかない!

ということで先日、数万円を使って2004年度第1回検定から全部揃えました!

もう購入しましたのであとは自宅に届くのを待つのみです。

カシスさんはじめ合格者の意見をしっかりと吸収して、しっかりと努力していきます!

英語力をあげてくれた!

英語の基礎力はこれだけ

東京大学の大学院入試合格はこの本のおかげ

英単語→6000語レベル

英文法→英検1級レベル

口語表現→1000レベル

リスニング→超スピード

挫折率が高く本気なあなたへ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

nananairu

英検1級を目指す数検1級と漢検1級合格者の現役数学教師。 ジムに通ってマッチョを目指しています。 英検1級は次回の受験で9回目のチャレンジです! 合格に向けた対策などを精一杯考えていきます!

-英検1級
-, ,

© 2020 英検1級を目指せ! Powered by AFFINGER5