英検1級

英検1級文で覚える単熟語の社会・経済の感想

2018年12月21日

英検1級も後一ヶ月と少しになりました。

今は参考書を絞り込んで勉強している所です。

英検1級挑戦者
本書は1級合格に欠かせない存在なので徹底的に回しています。

長文やリスニングにも使えて1級の合格力を底上げする本である。慣れてくるとCDが遅く感じるが実力がついた証拠でもある。

本書を勉強しようかお考えの方のために、自分が徹底的に勉強した中で得た気づきを章ごとにまとめて置きます。

英検1級の文単は合格に必要な教材です

文単1級の使い方や内容やレベルをあれこれ試してみてのベストを紹介

続きを見る

でもご紹介した通り、文単1級をやり込めば英検1級と勝負できる力がつきます。

更に英語力をつけるならば、速読速聴英単語シリーズも1級合格の力となると思います。

英検1級対策で速読速聴英単語Advancedレベルを終えた感想

続きを見る

社会・経済の章の感想

  • 農業の未来、
  • 無能の教師の実態、
  • アメリカの銃規制、
  • 裕福な家庭と子供の数の関係、
  • 石炭とインド・・・など

読んでいて純粋に面白い内容です。

感覚的には英語学習というよりは時事知識を仕入れている感覚です。

特に驚いたのは、なぜ与えることが幸福に繋がるのか?というトピックで英検1級の出題感覚が身に染みてきた?!と喜ばしい限りです。

単語はパス単1級よりは簡単で、速読速聴英単語Advanced1100より難しいです。

リスニングのスピードは文単1級<Advanced1100となっております。

つまり、本書はAdvanced1100よりも全然簡単です。

文章も読み易いです。

お読みいただき、ありがとうございます。

英語力をあげてくれた!

英語の基礎力はこれだけ

東京大学の大学院入試合格はこの本のおかげ

英単語→6000語レベル

英文法→英検1級レベル

口語表現→1000レベル

リスニング→超スピード

挫折率が高く本気なあなたへ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

志田龍太郎

東大修士取得後30代で3000万円を築き早期リタイアした元数学教諭(麻布高など指導経験あり)の投資家。サイト+SNS運営などに取り組む傍ら英検1級勉強中。数検1級を高3で漢検1級を教諭時代に取得。英検1級は2017年第1回検定から挑戦中です。執筆などお仕事依頼などはお問い合わせからお願いします!

-英検1級
-,